適応障害で休職7か月目で仕事を辞める決断をした話

jobchange-tekiousyougai 適応障害

こんにちはー!

先日私のこれまでの人生の中で最大の決断をした休職中ブロガーのもなです。

 

最大の決断、それは…

「休職している仕事、退職することにしました!」

jobchange

7か月間、悩みに悩んで下した決断。

休職してから漠然と

 

もな
もな

4月にはとりあえず復帰する。

これを目指して体調整えていかんとな。

と思っていました。

たぶん、休職されている方の多くは「復帰・復職」を目指して療養なさってるんじゃないかと思います。

私も同じでした。

 

けど、「辞める」という決断をしました。

正解かどうかはまだわかりません。

私の中でどうしてこの決断を下したのか、自分の心の整理も兼ねて書いていこうと思います。

悩んでる方にとって、なにかのきっかけや選択肢になれば幸いです。

 

私が仕事を辞める決断をした3つの理由

考えを整理していくと3つほど理由に整理できましたので、紹介していきます。

 

復職プログラムによって体調が悪化したから

前回記事にも書いたんですが、12月から復帰・復職プログラムに参加しはじめて、メンタルが急降下し服薬も再開になりました。

 

その時の状況、詳しくは↓こちらをご覧ください。

【休職6か月目】適応障害、回復したと思ったら悪化してきた話
こんにちは! 適応障害で休職中のブロガーもなです。 絶賛メンタルやられ気味でちょっとしんどい日々を過ごしております。 もな あれ、最近調子よかったんじゃないの? ...

 

はじめに適応障害と診断されたときのような感覚に、私は戸惑いました。

 

もな
もな

数日前からプログラムの日がくるのが憂鬱。

週二回あるから割と高頻度で鬱々となっちゃう。

 

そうなってくると生活リズムも崩れてくるし、同棲している彼氏にも大きな負担になってしまってました。

 

もな
もな

こんな風になりたくないのに、どうしてもしんどくなっちゃうのがいやだ。

 

正直、このまま仕事のことで悩み続けていくと思うとぞっとする…

ということで、何とか打開しなければと思うようになりました。

 

復帰するより転職するビジョンのほうが見えたから

休職して7か月。

体調に合わせて生活してきましたが、意識していたのは「休職中に視野を広げる」ということです。

 

どういうことかというと、ただ療養生活するのではなく、

  • 元気なときは外出したり人に会う
  • 今までやりたかったけどやったことないことに挑戦してみる
  • 今の仕事以外での稼ぎ方について情報収集をする

というようなことを積極的に行ってきました。

 

このブログを書き始めたのも視野を広げたかったから。

TwitterやInstagramでイラストを発信し始めたのもそうです。

私的には、こんな風に休職生活を送ったのは正解でした。

 

もな
もな

けっこう特殊な職種だから、異業種の人の話を聞いたり、いろんな仕事や働き方があるのを知れて、大きく視野は広がったと思う。

これまで、適応障害について近況報告記事をいくつか書いてきましたが、今の仕事に復帰するかはまだわからないと濁してきました。

でも、心の底では辞めたいと思っていたんだと思います。

 

もな
もな

でも辞められないよな。

生活費とかどうすんの?

今の仕事続けとけばとりあえず安定した生活送れるよな。

もな
もな

そもそもこの辞めたいって気持ちは単なる逃げなんだろうか。

ただ現状から抜け出したいだけってことなら、絶対今やめるべきではないんだよね…。

 

こんな感じで、辞めてはいけない理由探しをしてしまっていたがゆえに未定という形で濁してきたわけです。

未定というか、辞めたいけど辞めたら生きていけないからとりあえず復帰するしかないんだけども…という感じですね。

なので、復帰した自分の姿を思い描くと、また休職してしまうだろうなぁと。

先行き明るいビジョンはわかなかったわけです。

 

でも、最近になって「やりたいな・これ仕事にできたらいいな」というものが見つかったんです。

それが、ホームページをデザインしたりするWebデザインのお仕事。

Webデザインを主軸において、これまでのようにイラストやブログでも収入を得て生活していけたらいいなというビジョンが見えるようになってきました。

 

やったことのない分野ですが、今時ググったらどんなスキルが必要なのかもわかりますし、休職中にそういったデザイン関係の質問ができる環境も整えました。

 

もな
もな

うまくいくかなんてわからないけど、挑戦してみたいって強く思う!

このわくわく感大事にしていきたい!!!

なんの自信なんだろう?と自分でも思うのですが、何とかなるんじゃないかと思っています。

ひゃあああってなりながらもわくわくして働いている姿が想像できたんですよね。

 

それに、もしWebデザインを学んで働いてみて、うまくいかなかったら派遣でもなんでも生活費確保できる仕事をしながらイラストやブログでやっていけばいいんじゃん!というプランまで考えています←

 

まわりの人たちに後押ししてもらったから

これが一番大きかった要因ですね。

 

休職直前くらいから中高の仲のいい友だちには

「そんなしんどい仕事辞めたらええやん!大丈夫。どうとでも生きていけるから!」

と言われていました。

 

当時は、

もな
もな

そんな簡単に辞められへんし、ほんまに辞めて生きていけるん?

これまでもけっこうカツカツでやってきてたのに、収入減ったらどうなるん!?

 

こんなマインドでした。

本当に無知すぎて、これまでの生活方法しかわからなかったんですよね。

 

でも、だって、たら、れば、ばかり言っていた私ですが、

友だちも彼氏もTwitterやネットで出会った人たちも、みんな優しくいろんなことを教えてくれて、私の考え方をどんどん変えてくれました。

 

考え方が変わっていく一方で、私の中の最大の難関は両親でした。

 

tekiousyougai-parent

 

父「今の仕事、安定しとるから辞めたらあかんで。」

母「辞めるかもって何アホなこと言ってるのー。」

休職してちょっと元気になり始めたころに言われました。

 

もな
もな

うちの親は昭和的な感覚の人たちなんや。

大学まで行かせてもらったのに、そりゃ辞めたいって言ったらそうなるよね…。

 

両親のこの発言も割とトラウマだったり…

ただ、これは後に私が勝手に作り上げたイメージであったことが判明←

 

転機は12月半ば。

復職プログラムでメンタル崩し、彼氏も私を支えるのがしんどくなってきたころ、帰省して両親に「辞めたい」という意思を伝えることにしました。

 

tekiousyougai-boyfriend

tekiousyougai-kessinn

 

父には直接話すことはできませんでしたが、母とたくさん話をして3つのことをちゃんと伝えることができました。

 

両親的には、元気そうにしてるし自信なくしてるだけで復帰したら大丈夫だろうくらいに考えていたそうです。

確かに実家にいたときは元気なときだったからねー…

 

最後には「やりたいこと楽しくやったらいいよ。大変になったら帰ってきてもいいし。」とも言ってくれました。

彼氏にもこの経緯を報告。

実は実家に帰る日の前日に、

 

tekiousyougai-nayami

 

というやりとりをしていました。

なので、先行き明るい報告できたので安心してくれました。

もちろん応援してくれています。

 

「仕事辞めます」宣言してから心軽やかに!

こんな経緯で私は仕事を辞める決断をしました。

正式には年度内は休職のままなので、まだ辞めてはいませんが(笑)

 

でも、いろんなところでもう「仕事辞めます」宣言しました。

jobchange

 

これは、休職しているというマインドから転職に向けて新たなスタートきったでマインドに切り替えるためです。

各方面からたくさんコメントをいただき、それにも励まされる日々です。

 

メンタルも、つい一週間前までガタガタだったのに、今はわくわく感ややりたいことで頭が満たされているせいか元気です!

(ちょっと弱気にはなることもあるけど。)

 

辞めるが正解じゃないけど、辞めるのも選択肢!

これ、自分に言い聞かせてます(笑)

でも、ほんとにその通りだと思いますね。

 

誰もが仕事を辞めたから万事解決というわけではありませんが、選択肢の一つとして持っておくことは大切。

自分で「辞められない」と決めつけてしまうことで、しんどさは増すし、メンタル崩れるし、逃げ道がなくて追い詰められちゃいますもん。

リーサルウエポンとして「仕事辞める」というカードを持っておくこと、私はオススメします。

と、過去の自分に言いに行きたい(笑)

 

そして、退職代行サービスという手段まで調べまくってました(笑)

いやいやだめだろーと昔なら思っていましたが、辞めたくても辞められないという状況に追い込まれている人には絶対必要なサービスだと思います。

適応障害や鬱で仕事を辞めたいなら退職代行がおすすめな3つの理由
こんにちは! 社会人4年目にして、適応障害と診断され仕事を辞める決心をしたブロガーのもなです。 さて、私は先日上司に退職の意向を直接会って話をしてきました。 もなっち あら、上司に話し...

 

Instagramでは適応障害の体験談をゆるマンガで投稿しています。

よければそちらも覗いてみてください↓

https://www.instagram.com/2525.monastyle/

 

ではでは、あでゅー!!!

 

コメント