【リアル口コミ】湯快リゾート下呂温泉「彩朝楽 別館」宿泊レポート

体験レポ

こんにちは!

 

先日♪「ゆ・か・い・リゾート」で有名な湯快リゾートに人生ではじめて宿泊してきた、休職中ブロガーのもなです。

 

私はカラオケが好きでよくジャンカラに歌いに行くんですが、そこでよく流れているCM…

♪「ゆ・か・い・リゾート」

これ、聞き覚えのある方多いんじゃないでしょうか?

特に関西出身の方は歌ってしまうんじゃないでしょうか?(笑)

有名温泉地に安く泊まれて、チェックアウトがゆっくりなことで有名な宿泊施設です!

 

でもでも、

「安いけど大丈夫なの?」

「ご飯とか美味しくないんでしょ?」

「部屋とかどうなってるの?」

 

こんなことが気になりますよね…?

公式HPや予約サイトの口コミや評判だけじゃわからないですもんね。

 

ていうことで、今回だれどこの湯快リゾートで人気ランキング1位だった「下呂温泉 彩朝楽 別館」の宿泊レポートを書きます。

 

下呂温泉 彩朝楽 別館のリアル宿泊レポート!

もな
もな

湯快リゾートに泊まってみよう!

という一言で急遽決まった旅行(笑)

中学校からの同級生の女友だちとふたり旅!

 

湯快リゾートってどこにあるの?ってことでググる所からのスタートでした。

条件は

  • 大阪から車で行ける
  • 一泊二日
  • 大阪よりも東

 

そこでヒットしたのが、だれどこの人気ランキング1位だった「下呂温泉 彩朝楽 別館」という施設。

下呂温泉は行ったことがなかったので、すぐここにしよう!と決定。

今回はお互い平日に行けるということで、7/18(水)〜19(木)の日です。

 

プランがいくつかありましたが、お互い誕生日月ということもあったので、露天風呂付きの部屋をチョイス!

夕食朝食付きで9000円ほど。

うん、温泉地で露天風呂と食事付いてこれは安い!!

 

大阪から下呂温へレッツゴー!

大阪からだと高速道路使用で、3時間半くらいかかりました。

ちょっと遠い…(笑)

途中につづら折りの山道があり対向車にビビりながらのドライブ。

しかも後半1時間くらいは下道なので、下呂温泉街までのアクセスは微妙でしたね。

 

いざ下呂温泉街について湯快リゾートを目指しましたが、ナビで近くまで来ているのになかなか見つからない…

もな
もな

どこにあるねん彩朝楽 別館!!

しばらくして地図付きの看板を発見!

 

無事にたどり着きました。

温泉街の道幅はなかなか狭いので運転の自信がない人や大きな車の方は注意が必要かもですね。

 

駐車場は施設の横と地下にあり、夏場は空きがあるなら地下に止めることを強くおすすめします

私たちは施設横の駐車スペースに止めたのですが、翌日の車内温度がやばかったからです。

岐阜県、全国の最高気温ランキングにいくつもの場所がランクインするくらい暑いんです。

(実際7/18の最高気温ランキングトップ10の内半数が岐阜県でした…恥ずかしながら知らなかったです…)

案内係のお兄さんは「どちらでもどうぞ〜」って感じなので、選べる時は地下を選びましょう!

 

車を止めて、階段をのぼって玄関へ!

なかなかおしゃれな看板!

フロントや玄関すぐのソファーまわり想像以上に綺麗でびっくり。

予想は部活の合宿所的な感じかと思っていました←

 

フロントはこんな感じで、スタッフさんも笑顔で丁寧に説明等接客してくれました!

フロント前には休憩できるソファースペース。

空調も効いていたので、温泉街散策から帰って来てから休むのに最適!

席の数も多いので、のんびりできましたよ。

 

そして、温泉宿といえば欠かせないのが浴衣ですよね!

浴衣は自分で好きな柄とサイズを選ぶことができます。

おっしゃれ〜めっちゃかわいいっていう柄はなかったですが、無料で数種類から選べるのは嬉しいですね!

サイズは、わがままボディーな私でも身長に合わせたサイズで大丈夫でした(笑)

 

いざ、露天風呂付きのお部屋へ!

玄関やフロントらへんで期待値上がった「彩朝楽 別館」の客室のご紹介!

 

の前に!!!

フロントからお部屋までのアクセス悪すぎる!(笑)

いや、笑い事じゃないんですが、ほんと遠かったです。

今回私たちは1泊ということでリュックなど小さめのカバンでしたが、これはキャリーケースだとしんどいです。

 

なんせ、客室フロアまで階段を登り、エレベーターを2台乗り継がないといけなかったんですよね。

階段を通らないルートは今回通れず…

通らないルートがあったのかも謎です←

(ちなみにお部屋は3階でした。)

これに関しては 「☆☆☆☆★」 星ひとつです…

 

もしかしたら、海外からの団体さんが泊まっておられたからかもですが、部屋が遠すぎることが今回一番残念な点でしたね。

だって、せっかくの温泉街なのに部屋から玄関が遠いとなかなか出たくなくなるんですもん。

 

と、まあ部屋のアクセスの悪さはここまでにして、肝心のお部屋です!

お部屋は露天風呂付きの部屋でしたので、広かったです!

室内はこんな感じ↓の和室と洋室の2部屋。

洋室のベッド2つに、和室側にお布団を敷けば5人くらい泊まれそうな広さといえば、大体の予想はつきますかね?

 

トイレとお風呂は昭和レトロな感じでした。

あ、ウォシュレットはついてましたよ。

(露天風呂以外にもお風呂有りです)

洗面台は綺麗でトイレやお風呂とは違う場所にあったので、歯磨きや化粧の際にトイレの邪魔になることがなくてよかったです!

 

洋室から露天風呂に出られます。

露天風呂は、こんな感じ↓

みなさん、どう思われました?

私は個人的にちょっと物足りないなという印象。

夏は虫も多くて…

夜よりも朝の方が快適に入ることができましたね。

 

ただ、左右のお部屋共に露天風呂はないらしく、話し声や物音等気になることはなく、くつろぐことができました

最初よりも印象よし!

快適に感じましたよ!

 

あと気になったポイントといえば、露天風呂への出入りを含めお部屋に虫が入ってきやすいところがマイナスですね。

ハエよりもサイズの大きな虫を友だちが3、4匹退治してくれました(笑)

季節や立地上しょうがないのかもしれませんが、何か対策があれば嬉しかったですね。

虫が超絶苦手な彼女との宿泊は季節を選んだ方が良さそうです。

彼女の機嫌が悪くなる可能性ありです(笑)

 

気になる夕食・朝食は?

湯快リゾートの食事は、基本的にバイキング形式となります。

もな
もな

ホテルのバイキングって当たりハズレあるよね。しかもチェーンの施設のだし…。

と思って、食事には全く期待していませんでした。

夜はバイキングちょっとにして食べ歩きこうか…とも考えていたほど(笑)

 

だってせっかくの旅行、美味しいものを食べたいじゃないですか!

 

ただね、ひとつ勝手なイメージで考えてごめんなさいって言わなければ。

 

湯快リゾート舐めてました。

バイキング、想像の10倍美味しかったし、満足でした!

お客さんの多い時間だったので、写真が撮れなかったのが残念。

 

一般的なバイキングのメニュー(からあげとかポテトフライとか、ご飯とかお味噌汁などなど)はもちろん、夜のバイキングではご当地ならではのメニューや、お寿司やお刺身ふわふわのオムレツは目の前でトッピングを選んで作ってくれました。

他にも、ラーメンを茹でて作れたり、お蕎麦やカレーライス、ご飯のおともなどの炭水化物系も充実

(50日間ダイエットチャレンジ中の私は、糖質系のものは泣く泣く我慢…涙)

 

デザートもフルーツやケーキ、アイスに綿菓子(笑)など、たくさんありました!

追加料金を払えば、さらに豪華なお肉なども食べられるそうです。

個人的には、追加しなくても十分かなと思います。

 

ちなみに、朝のバイキングも普通のホテルの朝食バイキングよりもメニューが豊富な印象。

糖質に気をつけつつ、お腹いっぱい食べてしまいました(笑)

 

夕食・朝食バイキングについては

★★★★☆(星4つ!)でおおむね満足です。

従業員の方も親切でしたし、笑顔で接客されていました!

 

その他の館内施設

色々な施設があり、館内だけでも十分1日楽しめそうなほどでした(笑)

まずは、温泉!

湯快リゾートということで、温泉が気になりますよね!

下呂温泉は「美人の湯」と言われているそうですよ。

 

館内の温泉は、朝の湯(男湯)と彩の湯(女湯)そして露天風呂が準備されています。

今回は露天風呂を利用しました!

部屋にも露天風呂あるのにね(笑)

何が便利って、露天風呂は11:00〜14:00の時間以外は入浴できるんですよ!

普通なら、入浴時間ってもっと短くてお風呂って混みますよね。

これだけ入浴時間が長いと、混雑が分散されて気持ちよく入浴できました、

 

深夜に利用したため、貸切状態!

広いし、なかなか綺麗で、湯船には虫やゴミなどは浮いていませんでした。

惜しいのが、シャワーが2つしかない所と、館内から露天風呂まで少し歩かないといけない所ですかね?

でも、許容の範囲内かと思います。

 

★★★★☆(星4つ!)でおおむね満足です。

 

アクティビティは?

館内には、無料で使える卓球台(予約制)や、プリクラやゲームのあるゲームセンターコーナー、マッサージチェアなどがあります。

 

そして、なんと言ってもジャンカラがある!

そりゃあれだけ宣伝するわ!と納得です(笑)

ちなみに、朝や日中は無料だとか。

ただ、観光に来ているのにばりばりの活動時間にカラオケはもったいないかな?

食事後など、夜の時間は需要がありそうです!

 

チェックアウトはありがたいことに12時まで!

これがありがたいポイント!

湯快リゾートはチェックアウトの時間が遅めに設定されているんです。

 

それだけではなくて、混雑緩和のためにチェックアウト後も12時まではお部屋を利用することが可能

なので、朝ごはんの前後でチェックアウトをして、部屋でゆっくり荷物の整理もできますし、なんなら朝の散策中の荷物を気にしなくて済みます。

この制度があるだけに、フロントからお部屋が遠いことが悔やまれます。

 

湯快リゾート 下呂温泉 彩朝楽 別館 のまとめ!

関西出発アラサー女ふたり旅を通しての、「下呂温泉 彩朝楽 別館」総評は…

 

アクセス     ★★★☆☆

館内便利度  ★★☆☆☆

館内清潔度  ★★★☆☆

接客態度     ★★★★★

料理           ★★★★☆

お部屋        ★★★☆☆

価格           ★★★☆☆

 

総合           ★★★☆☆

 

厳しいですかね?

お部屋が通常料金の部屋だったら、印象が違ったのかもしれませんが、1万円弱出すならもう少しクオリティーが高くても…というところですね。

大学のサークルなど大人数で来る、もしくは施設でのんびりしたいという方にはおすすめ!

 

アラサー女ふたり旅は、もうちょっと質を求めたいなと思いました。

普通に考えたらきっとリーズナブルで便利なんでしょうが…

関西人なんで、お金にはうるさめです(笑)

 

また行きたいですか?と言われた時に、即答できないなというのも個人的に大きな理由になります。

ただ、施設の従業員の方はとても親切で、サプライズの協力もしてくださいました。

その点はとても感謝です!

 

以上、アラサー女の「湯快リゾート 下呂温泉 彩朝楽 別館」のリアル口コミ記事でした!

 

おまけ 下呂温泉と周辺観光おすすめポイント!

ここからは、湯快リゾート関係なしの下呂温泉観光おすすめポイントを軽く紹介しますね。

下呂温泉街のおすすめ

まず、下呂温泉街ってこんなところ!

川沿いがライトアップされていて、お土産物屋さんが軒を連ねています。

日本三名泉発祥の地ということで・・・

知らなかったので調べてみました。

日本三名泉は、

  • 有馬温泉(兵庫県)
  • 草津温泉(群馬県)
  • 下呂温泉(岐阜県)

なるほど。

草津温泉に行けば制覇できるのか!

次は草津温泉ねらいでいこうかな。

 

あと、下呂温泉はその「音・読み」からある生き物がそこらじゅうにいました。

そう、かえるです。

ゲロ温泉ですもんね!

 

他にもたくさんのかえるちゃんがいましたので、探してみるのも面白いかもしれません。

私は、夜にもかかわらず友だちを連れまわしてかえるちゃん大捜索しました(笑)

岐阜県のお土産で有名なさるぼぼの神社もありました。

これは見つけるのが少し難しいかも・・・?

かえるちゃんと一緒に探してみてください。

 

あと、温泉街ですごい!と思ったのが、1時間無料の駐車場があったこと!

しかも割と広くて、温泉街のすぐそば。

便利すぎてありがたや~状態でした。

 

合掌造の家屋が近くで見られる!

あと、岐阜県といえば白川郷の合掌造り!

「でも白川郷まで行くのはちょっと・・・」

という方におすすめなのが、下呂温泉 合掌村

下呂温泉街から車ですぐのところにある施設なんですが、なんと白川郷から移築してきた合掌家屋が10棟もあるんです!

文字通り村!!!

日本の原風景を楽しむだけでなく、おいしい和菓子が食べられたり、手作り体験やパイプのロング滑り台があったりで友だちや家族と楽しむことができるんです!

私たち、1時間くらいで次のところに行く予定が、はしゃぎ過ぎて3時間ぐらい滞在してしまいました(笑)

 

ここの施設の方もみなさん親切で、下呂地域の人みんな優しい説浮上しました(笑)

 

何人前でも食べられそうな「けいちゃん焼」

下呂温泉街から車で20分もかからないところにあるのが「まるはち食堂」というお店。

まわりが田んぼと住宅しかなくて、本当にここにあるの?と疑ってしまうほど。

ここでは何が食べられるかというと、岐阜県ご当地グルメの「けいちゃん焼き」

しかも、このお店発祥ということで、高まる~!

 

っとその前に、「けいちゃん焼き」って何?という疑問。

漢字で書くと「鶏ちゃん焼き」

ずっと、「とりちゃんやき・・・?」と呼んでいました(笑)

「けいちゃん焼き」はこんなのです!

鶏肉をしょうゆと味噌とニンニクベースのたれで味付けし、キャベツと一緒に鉄板でジュウジュウ焼いたお料理。

 

最高に白飯が進むメニュー!

白飯はふたくちだけに我慢しましたけどね・・・(涙)

近くに行かれるなら、ぜひぜひ行ってみてください!

 

コメント